パラグアイ産オーガニックマテ茶の魅力を一人でも多くの人に伝えたい。そして日本中にマテ茶を広めたい。そう、私はマテ茶の伝道師です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アデン・アラビア2

オーガニック・フェスタの報告がすんだところで、中断していた「マテ茶に出会うまでの壮大な(?)自分史を再開したいと思います。前回(9月30日)、大学に入学後、鍛え酒ですっかりのんべいになっていった件まで書きました。まあ、そのあたりから、始めますか。

「僕は20歳だった。それが人生でもっとも美しいときだなんて誰にも言わせまい」

これは、ポール・ニザンの小説『アデン・アラビア』の有名な書き出しです。僕よりちょっと上の団塊の世代の人たちは、このフレーズを好んでよく引用するので、ご存知の方もいると思います。池澤夏樹によれば、これはカミュの『異邦人』の冒頭「きょう、ママンが死んだ」とともに、二十世紀のフランスの小説の中で、もっとも有名な書き出し、となります。

『アデン・アラビア』はなかなか刺激的な小説だったと記憶しています。当時の大学生は、小説でも哲学書でも、流行のものには一応目を通していました。まあ、だからどうした、と言われれば返答に困ります。「教養」というのとはちょっと違う。単なる「恰好つけ」だったのかもしれません。

そんな生意気盛りの大学3年の夏、僕はアメリカに行ったのでしたーー来週はアメリカ大陸珍道中編に突入です。

と、その前に、読書の秋といいますから、フェデリコ・マテのリラックスを飲みながら、久しぶりに昔の小説でも読むことにします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://matecha2.blog31.fc2.com/tb.php/70-8e8adbc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。