パラグアイ産オーガニックマテ茶の魅力を一人でも多くの人に伝えたい。そして日本中にマテ茶を広めたい。そう、私はマテ茶の伝道師です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2縲

オーガニックマテ茶「フェデリコ・マテ」はどのようにして作られているのか? この疑問に答えられるほどたくさんの写真を入手しました。フェデリコ・マテの日本総輸入代理店社長のYさんが、先日、パラグアイを訪問した際、写真を撮ってきてくれたのです。

これがとてもいいのです。「ほう、こうなっているのか!」「へえ、これほどすごいとは!」。もう感嘆符の雨アラシ。やっぱり「百聞は一見に如かず」というのは本当ですね。せっかくなので、このブログでもこれから何点か紹介していきますね。

さて、今日の一枚は、「国境の橋」。

パラグアイとブラジル国境にはラ・プラタ河の主流であるパラナ川があり、ここに「友情の橋」と呼ばれる橋が架けられています。パラグアイ第2の都市シウダー・デル・エステは、高層ビルが立ち並び、けっこう近代的な都市なのがわかります。

でも近代的なのは国境の町だけなんだそうです。フェデリコ社の農場まで、まだまだ遥か。つづきは明日。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://matecha2.blog31.fc2.com/tb.php/44-c5e57601
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。