パラグアイ産オーガニックマテ茶の魅力を一人でも多くの人に伝えたい。そして日本中にマテ茶を広めたい。そう、私はマテ茶の伝道師です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イグアスの滝

ワールドカップの影響で、これまでほとんど注目されていなかったパラグアイにスポットライトが当たりました。これこそ千載一遇のチャンス。パラグアイ産のフェデリコ・マテを売り込むチャンス到来であります。

さてさて「飲むサラダ」と称されるマテ茶は、アルゼンチン、パラグアイ、ブラジル3国が国境を接する世界三大瀑布の一つのイグアスの滝を中心とした半径500kmの地帯で生産されています。だいたい北海道の3倍ほどの面積になります。

意外に狭いと思われる方も多いでしょう。そこにはマテ茶ならではの秘密が隠されているのです。

マテ茶はもちの木科の低木、学名Ilex paraguariensis(イレクス・パラグアイエンシス)の葉や茎から作られます。日本茶、紅茶、ウーロン茶などの茶の木とはまったくの別物なんですね。そして学名からもわかるように、パラグアイが原産地なのです。

このマテの木が栽培されている地域は、火山溶岩流が風化してできた赤土(テラロッサ)に覆われています。この赤土に含まれている豊富な鉄分やカルシウムがマテの木の成育に影響を与え、ミネラルやビタミンを豊富に含んだマテ茶を作り上げていくというわけです。

つまりこの赤土がなくては、マテ茶は「飲むサラダ」にならないのです。まさに「大地の恵み」そのものと言ってもいい奇跡のハーブティーなのです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://matecha2.blog31.fc2.com/tb.php/31-0c25746d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。